研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

東京都市大学
ホームページ

研究者情報

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 社会貢献業績

 

 

氏名 中村 雅子 (ナカムラ マサコ,NAKAMURA Masako)

 

著書
No. 執筆種別 単著/共著 著書名 出版社 発行年月
1 分担執筆 共著 質的心理学辞典 新曜社 2018年11月
2 分担執筆 単著 VR/AR技術の開発動向と最新応用事例 技術情報協会 2018年2月
3 分担執筆 共著 コミュニティ事典 春風社 2017年7月
4 著書・編著 単著 地域コミュニティ活動支援と情報共有のための情報システム・デザイン-社会-技術的ネットワーク形成の観点から見た情報システム構築と運用- 京都大学大学院人間・環境学研究科 博士学位論文 2009年3月
5 分担執筆 単著 科学技術実践のフィールドワーク:ハイブリッドのデザイン せりか書房 2006年12月
6 分担執筆 共著 なんでも測定団が行く 講談社 2004年8月
7 分担執筆 単著 内閣府政策統括官監修『青少年の育成を考える-青少年の育成をめぐる議論と青少年の育成に関する有識者懇談会報告書-』 ぎょうせい 2004年5月
8 分担執筆 共著 シリーズ情報環境と社会心理5情報化と社会生活 北樹出版 2000年10月
9 分担執筆 共著 ポストモダン手法による消費者心理の解読 日本経済新聞社 1999年6月
10 分担執筆 共著 性格心理学ハンドブック 福村出版 1998年1月
11 著書・編著 共著 女性のパソコン利用と情報社会の展望 富士通ブックス 1997年9月
12 分担執筆 共著 転機に立つ日本 南窓社 1996年3月
13 分担執筆 共著 変革と挑戦の時代ー新たな飛躍を求めてー 南窓社 1994年3月
14 分担執筆 共著 消費行動の社会心理学 福村出版 1994年3月
15 分担執筆 共著 新しい国際秩序と日本の役割 南窓社 1993年3月
16 翻訳 共著 新しいコミュニケーションとの出会い 垣内出版 1992年4月
17 分担執筆 共著 情報社会を生きる女たち-コミュニケーションの視点から- 日本放送出版協会 1991年6月
18 分担執筆 共著 単身赴任ー家庭と職業のはざまで 有斐閣 1991年3月
19 分担執筆 共著 激動の時代を生きる 南窓社 1991年1月
20 分担執筆 共著 90年代の経済と市民ー個性と創造のためにー 南窓社 1990年3月
21 分担執筆 共著 東大卒の女性ーライフリポートー 三省堂 1990年1月
22 著書・編著 共著 現代の都市型消費者ーライフスタイルに新しい波ー 日本経済新聞社 1988年11月
23 著書・編著 単著 女性の就業と性別役割観 東京大学大学院社会学研究科修士学位論文 1987年3月
24 分担執筆 共著 世界は日本をどう見ているか-対日イメージの研究- 日本評論社 1987年3月

 

学術論文
No. 分類 単著/共著 論文タイトル 雑誌名 発行年月
1 紀要 共著 オンラインで行うサイエンス・ワークショップの可能性 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2021年4月 . 22
2 紀要 共著 オンライン授業における大学生の学習環境デザイン 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2021年4月 . 22
3 紀要 共著 低年齢層向けオンライン・ワークショップにおける メディアリテラシーの変化 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2021年4月 . 22
4 論文 単著 クラウドファンディングの利用実態に基づく支援者の類型化 経営情報学会誌 2020年12月 29 3
5 依頼 単著 データで見るクラウドファンディングの「ユーザ」 都市問題 2020年5月 vol.111 .
6 紀要 共著 ソーシャルメディアで変化する「お笑い」ビジネスとユーザーの利用と満足研究 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2020年4月 . 21
7 紀要 共著 低関心層へのアプローチの困難-サイエンスキャラバンの比較分析から- 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2020年4月 . 21
8 紀要 共著 参加者の科学・技術への関与度の観点から見たサイエンスカフェの効果研究 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2019年4月 . No.20
9 論文 単著 まちを語る主体を編み上げる:市民デジタルアーカイブ活動の生成,維持,変容の検討 社会情報学 2018年5月 6 2
10 紀要 共著 「越境」の観点から見たシステム開発のユーザニーズをめぐる現場の実践 情報メディアジャーナル 2018年4月 19 .
11 紀要 共著 科学コミュニケーションにおいて学生スタッフは何を学ぶのか 情報メディアジャーナル 2018年4月 19 .
12 論文 単著 東日本大震災後の中学生の防災関連意識の変化および防災学習プログラムの継続を可能にする学習環境デザインへの知見 自然災害科学 2017年5月 36 1
13 紀要 共著 科学コミュニケーションの有効性を高めるための取り組み—サイエンスカフェへのアイデアソンの導入— 情報メディアジャーナル 2017年4月 18 .
14 紀要 単著 アクティブ・ラーニングの『下地』を作るために 東京都市大学教育年報 2017年4月 27 .
15 紀要 共著 防災学習カリキュラムの変更プロセスとその効果についての検討—中学校との協働の事例から— 情報メディアジャーナル 2017年4月 18 .
16 論文 共著 住民のコミュニティへの関与度や愛着が緑化意欲に与える影響 環境科学会誌 2016年6月 Vol.29 No.3
17 紀要 単著 「迷惑行為」から見えるオタクの境界デザイン 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2016年4月 17 1
18 紀要 単著 「科学コミュニケーション」マインドのある学生を育てたい 東京都市大学教育年報 2016年4月 26 .
19 紀要 共著 クラウドファンディングをめぐる支援ネットワークの構築:地域特化型サイトを中心に 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2016年4月 17 1
20 紀要 共著 LINEコミュニケーションの特性の分析 情報メディアジャーナル 2015年4月 16  
21 論文 共著 Factors influencing public participation in conservation activities in urban areas: a case study in Yokohama, Japan. Biological Conservation 2015年4月 184 4
22 紀要 共著 デジタルサイネージにおける注目度の規定要因 情報メディアジャーナル 2015年4月 16  
23 紀要 単著 研究教育の観点から見た地域連携 東京都市大学教育年報 2015年4月 2014  
24 論文 共著 花と緑のまちづくり協議会の理事の立場による意識の相違と合意形成‐質的及び計量的分析から‐ 人間と環境 2015年2月 41 1
25 紀要 共著 博物館での学習における拡張現実(AR)技術の可能性 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2014年4月 15  
26 紀要 単著 メディア情報学部のご紹介 東京都市大学横浜キャンパス紀要 2014年4月 1  
27 紀要 共著 子どもの学びを支援するオンラインコミュニケーション 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2014年4月 15  
28 紀要 単著 メディア情報学部開設から1年 東京都市大学教育年報 2014年4月 24  
29 依頼 単著 大学連携シンポジウム:デジタルアーカイブで、街を語る主体を取りもどす にいがた地域映像アーカイブ 2013年11月 4 4
30 紀要 共著 地域メディア活動への子どもの参加動機とその阻害要因 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2013年4月 14  
31 紀要 共著 地域メディア活動での国際交流の試み 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2013年4月 no.14 no.14
32 紀要 共著 まちへの関心を生み出すリソースとしての「記憶」の活用 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2012年4月 13  
33 紀要 共著 東日本大震災が防災学習への取り組みに及ぼす効果 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2012年4月 13  
34 紀要 共著 携帯端末を用いた拡張現実技術による企画支援への提言 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2012年4月 13  
35 紀要 単著 ハイブリッドな 社会的空間としての「まち」 東京都市大学環境情報学部紀要 2012年2月 13  
36 紀要 共著 実践型メディア活動による学び 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2011年4月   12
37 紀要 共著 実践的環境保全教育における情報共有サイトの効果 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2011年4月 12  
38 論文 単著 情報システムデザインへの市民参加の意義と可能性-ウェブ情報共有システムNOTAの運用開発を事例として- 社会情報学研究 2010年5月 14 2
39 紀要 共著 ICTによるニュータウンの街作り拠点構築 -web2.0技術の活用による地域情報の集約と地域活動の促進- 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2010年4月 11  
40 紀要 単著 「環境イメージ」の変遷と今後のCSR戦略 日経広告研究所報 2010年4月 250  
41 紀要 共著 街のコミュニケーション・ツールとしてのデジタルアーカイブ-つづき「街の記憶」プロジェクト- 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2010年4月 11  
42 紀要 共著 高齢者のパソコン学習の継続要因:パソコンシニアクラブ2008の事例から 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2009年4月   10
43 論文 共著 ネットワーク指向のデザイン・アプローチの提案:情報システムの運用開発事例の分析から 認知科学 2008年11月 vol.15 no.4
44 紀要 共著 高齢者向けPC 教室における学生ボランティアのベネフィット分析に関する研究 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2008年4月 none no.9
45 紀要 共著 大学と地域の連携を考える-地域・市民団体との連携を中心とした実態調査から- 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2008年4月 なし 第9号
46 紀要 共著 高齢者のパソコン学習の継続性を考える-第3回高齢者パソコン教室の事例から- 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2008年4月 none no.9
47 紀要 共著 高齢者向けパソコン教室を通した学習環境のデザイン 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2007年4月 none no.8
48 論文 単著 「地方自治体にとって電子会議室とは何だったのか:アクターネットワーク論からみた「市民参加」型情報システム 社会情報学研究 2006年10月 vol.11 no.1
49 紀要 共著 高齢者向けパソコン教室の設計と運営による実践教育 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2006年4月 none vol.7
50 紀要 共著 小学校における開かれた学習環境のデザイン-防災・情報教育を例に- 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2006年4月 none vol.7
51 紀要 単著 「インターネットとローカルに生成する市民」 武蔵工業大学環境情報学部紀要 2006年2月 第7号 7
52 紀要 単著 多様なアクターを結びつけ、新たなコミュニティを生成する装置としての「ネットデイ」 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2005年3月 6 .
53 依頼 単著 情報社会を生きる力-学ぶ「状況」をデザインする 青少年問題 2004年11月 51 11
54 紀要 単著 企業イメージ戦略としての環境情報発信 消費&マーケティング 2004年5月 no.235 .
55 紀要 単著 業種別に見た企業イメージの効果―株購入意向と好感度を目的変数とした分析― 消費&マーケティング 2003年4月 no,223 .
56 紀要 単著 情報化と個人の情報行動の変化 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2003年3月 vol.4 .
57 論文 単著 青年の環境意識と環境配慮行動の形成に対する母親の影響―言動の一貫性の効果を中心に 教育心理学研究 2003年3月 51 1
58 紀要 単著 環境情報学部における授業評価―取り組みの経緯と課題― 武蔵工業大学教育年報 2003年3月 第13号 .
59 紀要 単著 家電購買における企業イメージの説明力の検証―ロジスティック回帰分析による予測― 消費&マーケティング 2002年5月 no.211 .
60 紀要 単著 情報化のプロセスを捉えなおす―地域コミュニティ活性化に向けた商店街のインターネット利用の試み― 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2002年4月 第3号 .
61 紀要 単著 「環境」イメージの戦略的提示の必要性 消費&マーケティング 2001年5月 no.199 .
62 紀要 単著 大学における情報教育の効果分析(2) 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2001年4月 第2号 .
63 紀要 単著 環境に配慮した食ライフスタイル形成に対する家族内規範の影響-食ライフスタイルの世代間伝達を中心に- 財団法人 アサヒビール学術振興財団「食生活科学・文化および地球環境科学に関する研究助成 研究紀要」 2001年4月 第14巻 .
64 紀要 共著 地域商店街活性化に向けた情報流通サービスの普及に関する基本検討 武蔵工業大学環境情報学部紀要 2001年3月 第2号 .
65 紀要 単著 大学における情報教育の効果分析(1) 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2000年4月 1 .
66 紀要 共著 学内LANによるオンライン調査の可能性 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2000年4月 1 .
67 紀要 単著 企業評価と環境イメージ(下) 日経産業消費研究所消費&マーケティング 1999年5月 No.176 .
68 紀要 単著 企業評価と環境イメージ(上) 消費&マーケティング 1999年4月 No.175 .
69 紀要 単著 定性的研究の新しい試み 日経消費経済フォーラム 1998年9月 168号 .
70 紀要 単著 少子化時代の子供市場 日経消費経済フォーラム 1998年4月 163号 .
71 紀要 単著 企業イメージとブランドイメージー贈答市場と自家消費市場における効果:ビールの事例ー 日経消費経済フォーラム 1997年7月 154号 .
72 依頼 単著 価値意識の伝達ー社会的合意としての不干渉ー 思春期学別冊 1997年7月 Vol.15 2
73 依頼 単著 価値意識の世代間伝達に関する日米比較 家族社会学研究 1997年7月 第9号 .
74 紀要 単著 満足度評価の地域性-首都圏と近畿圏の比較から- 日経消費経済フォーラム 1997年4月 151号 .
75 紀要 単著 若者消費の社会性-親子関係・友人関係との関連で見た消費行動- 日経消費経済フォーラム 1997年1月 148号 .
76 紀要 単著 景気動向と暮らし向き評価-稼ぐ豊かさと使う豊かさ 日経消費経済フォーラム 1996年7月 142号 .
77 紀要 単著 趣味を通じた夫妻間相互作用の効果-前定年期(53~58歳)の夫妻の余暇活動- 日経消費経済フォーラム 1996年7月 145号 .
78 紀要 単著 世帯の潜在購買力ー貯蓄からの取り崩し許容額 日経消費経済フォーラム 1996年3月 138号 .
79 紀要 単著 年金型保険への加入と消費意欲 日経消費経済フォーラム 1996年3月 135号 .
80 紀要 単著 消費者の小売業態選択と値ごろ感 日経消費経済フォーラム 1995年9月 132号 .
81 紀要 単著 経済不安と消費意欲 日経消費経済フォーラム 1995年4月 127号 .
82 紀要 単著 若者のパソコン潜在ユーザーへのアプローチ 日経消費経済フォーラム 1994年10月 121号 .
83 紀要 共著 情報化の進展と女性の生活ー女性のパソコン利用に関する第1回調査より 帝京社会学 1994年3月 第7号 .
84 紀要 単著 消費意識の世代間伝達 日経消費経済フォーラム 1994年1月 112号 .
85 紀要 単著 環境問題への対応を迫られる小売業 日経消費経済フォーラム 1993年1月 100号 .
86 紀要 単著 既婚男性の「家庭内個人主義」ー自己志向と消費 日経消費経済フォーラム 1992年10月 107号 .
87 紀要 単著 友人関係の充実度で変わる若者の消費 日経消費経済フォーラム 1992年10月 97号 .
88 紀要 単著 妻の購買決定権ーライフステージ要因が強い影響ー 日経消費経済フォーラム 1992年5月 92号 .
89 紀要 単著 環境問題への対応を迫られる小売業 日経消費経済フォーラム 1992年5月 88号 .
90 紀要 単著 女子大学生のキャリアパターン選択ー中断型の増加とその問題点 横浜商科大学紀要 1991年10月 第7巻 .
91 紀要 単著 仕事に満足はしていても転職志向ー新人社員の転職意識 日経消費経済フォーラム 1991年7月 82号 .
92 紀要 単著 流行受容の規定因ー男性の化粧の場合ー 横浜商大論集 1991年3月 24 2
93 紀要 単著 高齢化社会対策ー年収で異なる行政への主婦の期待ー 日経消費経済フォーラム 1991年3月 78号 .
94 紀要 単著 広がる既婚女性のネットワーク参加 日経消費経済フォーラム 1990年10月 73 .
95 紀要 単著 自己イメージで異なる生活、行動。独身OLの消費リーダー 日経消費経済フォーラム 1990年4月 67 .
96 紀要 単著 男らしさ、女らしさの研究ー消費行動の違いをもたらす男らしさ、女らしさ意識ー 日経消費経済フォーラム 1990年1月 31号 .
97 紀要 単著 住宅設備ニーズを決める住ライフスタイル 日経消費経済フォーラム 1990年1月 64号 .
98 論文 共著 テレビの中の外国・外国人ー日本のテレビにあらわれた外国要素の内容分析ー 新聞学評論 1990年1月 36号 36
99 紀要 単著 階層帰属意識高い男性は「衣装持ち」 日経消費経済フォーラム 1989年9月 60号 .
100 紀要 単著 ライフスタイル・ビジネススタイルで異なる乗用車メーカーのイメージ 日経消費経済フォーラム 1989年5月 56号 .
101 紀要 共著 家族内コミュニケーション:単身赴任と子供とのコミュニケーション 慶応義塾大学新聞研究所年報 1989年3月 32号 .
102 紀要 単著 90年代をリードする「自己投資型」人間の消費行動 日経消費経済フォーラム 1989年2月 53号 .
103 紀要 単著 化粧品使う若い男性はマルチ活動型 日経消費経済フォーラム 1988年11月 50号 .
104 紀要 単著 NIES家電に厳しい既婚20代、30代 日経消費経済フォーラム 1988年8月 47号 .
105 紀要 単著 レジャー意識を左右する中流意識 日経消費経済フォーラム 1988年4月 43号 .
106 紀要 単著 「地震警戒宣言」テレビ番組の効果に関する実験的研究(その3) 東京大学新聞研究所紀要 1988年3月 37 .
107 紀要 単著 観光客誘致の決定因を探る」 日経消費経済フォーラム 日経消費経済フォーラム 1987年12月 39号 .
108 紀要 単著 高校生のキャリアパターン選択 社会心理学評論 1987年4月 6号 .
109 紀要 単著 流行志向の働く女性に少ない通販利用者-買物タイプで見た通販利用- 日経消費経済フォーラム 1987年3月 30号 .

 

国際会議論文
No. 種別 単著/共著 論文タイトル 会議録名 発行年月
1 一般論文 単著 A PROPOSAL TO PROMOTE THE PARTICIPATION OF JAPANESE PEOPLE WITH LOW-INTEREST IN SCIENCE COMMUNICATION 12th International Conference on Education and New Learning Technologies (EDULEARN20) 2020年7月
2 一般論文 単著 Nakamura, Masako (2019) A SOCIO-TECHNICAL NETWORK APPROACH TO SUSTAINABLE UNIVERSITY–COMMUNITY COLLABORATION FOR RESEARCH AND EDUCATION. 11th International Conference on Education and New Learning Technologies. 2019年7月
3 一般論文 単著 Profile of the proponents and the determinants of a successful project in Japanese crowdfunding. Proceedings of 2019 ISSSM (International Symposium on Social Sciences and Management) 2019年1月
4 一般論文 単著 Nakamura, Masako(2018)BUILDING A NETWORK FOR DEVELOPING RESEARCH SKILLS IN UNDERGRADUATES IN UNIVERSITY-COMMUNITY COLLABORATION: A CASE STUDY OF CHILDREN’S MEDIA ACTIVITY IN JAPAN. EDULEARN18 Spain Palma (Vrirtual Session) EDULEARN18 Proceedings: 10th International Conference on Education and New Learning Technologies. 2018年7月
5 一般論文 単著 Crowdfunding system as an artifact for empowerment of local citizen activities in Japan. ISCAR(International Society for Cultural-historical and Activity Theory) 2017 Book of abstracts 2017年8月
6 一般論文 単著 Digital archiving’ as a possible boundary object : Activity for local identity building in Japan. The 4th Congress of the International Society for Cultural and Activity Research. (ISCAR) 2014年10月
7 一般論文 共著 A comparative analysis of three case studies of ‘mutual appropriation’ for creating and maintaining university/community collaborative after school interventions. ISCAR INTERNATIONAL CONFERENCE 2011 2011年9月
8 一般論文 単著 STRATEGIC IMPORTANCE OF SOCIO-TECHNICAL NETWORKING IN INTRODUCING COMMUNITY-LINKED LEARNING: CASE STUDIES IN INTEGRATED LEARNING CLASSES IN JAPAN. ICERI 2010 (International Conference of Education, Research and Innovation) 2010年11月
9 一般論文 単著 Network-oriented approach for information systems design. Annual Conference of International Society for Cultural and Activity Research (ISCAR)2008 2008年9月
10 一般論文 共著 Technological constitution of social space and practice preconference symposium of the 3rd nordic conference on cultural and activity research. 2004年9月
11 一般論文 単著 Discussing scio-technological network of the information system paper for the Society for Social Study of Science and EASST Conference 2004年8月
12 一般論文 単著 地域を可視化するツール:ユーザは誰か 武蔵工業大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル第5号(特集 情報の参加デザイン) 2004年3月

 

国内会議論文
No. 種別 単著/共著 論文タイトル 会議録名 発行年月
1 一般論文 共著 実践の再組織化としてのユーザ参加型デザイン ヒューマンインタフェース学会研究報告集 2004年11月
2 一般論文 共著 情報教育における地域との連携-実践フィールドの構築の試み- 日本認知科学会「教育環境のデザイン」研究分科会研究報告 2004年4月

 

研究発表
No. 分類 単著/共著 論文タイトル 発表会議名 発表年月
1 全国大会 単著 人工物との出会いによる活動の変容の語りー越境としてのクラウドファンディングー 日本質的心理学会第17回大会(オンライン開催) 2020年10月
2 全国大会 単著 地域系クラウドファンディングにおける社会-技術的ネットワーク -情報システムに焦点を当てた検討- 2020年度 社会情報学会大会(オンライン開催) 2020年9月
3 全国大会 単著 クラウドファンディングにおけるプロジェクト提案者の実態とコミュニティ活性化への意義 2019年 社会情報学会(SSI)学会大会 2019年9月
4 全国大会 単著 クラウドファンディング利用の多様性- 大規模ユーザ調査から見た「使いこなし」の類型化 – 経営情報学会2019年度春季大会 2019年6月
5 全国大会 単著 大規模オンライン調査から見た日本のクラウドファンディング支援者の実態 2018年度 社会情報学会大会 2018年9月
6 全国大会 単著 「フィールド(畑)」を創る:地域連携のもとで大学生の研究力の成長を促す仕組みの構築 日本教育心理学会第60回総会 2018年9月
7 研究会 単著 学校現場における継続的な地震防災教育のために-公立中学校との11年間の協働から得られたもの- 社会心理学研究会(S研) 2018年5月
8 全国大会 単著 中学校の総合的学習への介入とその継続についての研究:カリキュラム変更のプロセスとその効果 日本教育心理学会総会発表論文集 2017年10月
9 全国大会 単著 越境によってコンテンツを生み出す学び:fluid(流動体)としての市民デジタルアーカイブ 日本質的心理学会第14回大会 2017年9月
10 全国大会 単著 市民デジタルアーカイブの運営戦略:社会ー技術ネットワークの生成と変容 2016年社会情報学会(SSI) 大会 2016年9月
11 研究会 単著 なぜ市民がアーカイブを作るのか?:市民デジタルアーカイブ活動の意義と課題 PSE(問題解決環境)ワークショップ招待講演 2016年9月
12 全国大会 単著 東日本大震災による防災意識の変化と風化:中学校における継続的な取り組みからの知見 日本社会心理学会第57回大会 2016年9月
13 全国大会 単著 市民デジタルアーカイブ活動による『まちを語る主体』の再編 日本質的心理学会第13回大会 2016年9月
14 全国大会 単著 社会-技術的ネットワークとしての市民デジタルアーカイブ 日本質的心理学会 2015年10月
15 全国大会 単著 市民デジタル・アーカイブの多様性とその意義 社会情報学会(SSI)学会大会 2015年9月
16 全国大会 単著 学校教育への研究的介入とその継続性についての分析(2):関係者インタビューを加えた検討 日本教育心理学会総会発表論文集 2015年8月
17 全国大会 単著 学校教育への研究的介入とその継続性についての分析-交渉のフィールドとしての地震防災学習カリキュラム- 日本教育心理学会総会発表論文集 2014年11月
18 全国大会 単著 変化する研究者の関与をどう分析に取り込むか:市民デジタルアーカイブ活動への参与の事例から 日本質的心理学会第11回大会シンポジウム「コミュニティを編み直す」 2014年10月
19 全国大会 単著 地震防災学習への東日本大震災の影響とその時間的変化-震災前後の7年間のデータに基づく分析- 日本社会心理学会第55回大会 2014年7月
20 シンポジウム 単著 市民参加型デジタルアーカイブの意義 第1回 「地域映像アーカイブ」大学連携シンポジウム 2013年10月
21 全国大会 単著 地域デジタルアーカイブにおける「写真」の意味 日本質的心理学会第10回大会 2013年8月
22 全国大会 単著 SNSを用いた国際交流における社会-技術的ネットワークのデザイン 日本教育心理学会総会発表論文集 2013年8月
23 シンポジウム 単著 市民デジタルアーカイブ活動の動向と意義 横浜市民メディア連絡会10周年ミーティング『「市民メディアの10年~これまでと、これから」基調講演 2012年12月
24 全国大会 単著 東日本大震災の経験が防災総合学習の実践に及ぼした影響-状況的学習の観点から- 日本社会心理学会第53回大会 2012年11月
25 全国大会 単著 実践的な地域メディア活動による「学び=遊ぶ場」の形成-「つづきジュニア編集局」をめぐる子どもの学び- 日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月
26 全国大会 単著 「まちの記憶」を語ることで、地域における主体性を取り戻す―市民デジタルアーカイブ活動- 第9回 日本質的心理学会シンポジウム『地域における自立共生をめざす活動とその繋がりの形成』 2012年9月
27 全国大会 共著 大学生を対象とした実践型環境保全教育とその情報共有システムについての効果測定 環境教育学会第22回大会 2011年7月
28 全国大会 単著 介入的研究の実践におけるmutual appropriationアプローチの検討 日本教育心理学会第53回総会 2011年7月
29 全国大会 単著 情報システムの市民参加型開発と普及 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会 2009年10月
30 全国大会 単著 学び手としての子どもの生成-学習環境のデザインとその結び目としての「学び手」- 日本認知科学会第26回大会 2009年9月
31 全国大会 単著 ICTを活用した地域連携による学習環境のデザイン 日本教育心理学会第51回総会 2009年9月
32 全国大会 単著 ニュータウンにおける社会的空間の再編 日本質的心理学会第6回大会 2009年9月
33 全国大会 単著 小中学校の総合的学習における「学習のネットワーク」の構築-ウェブ情報発信ソフトNOTAを活用した学習環境のデザイン- 日本社会心理学会大会論文集 2008年11月
34 全国大会 単著 学びのリソースを豊かにするための「総合的な学習」の学習環境デザイン 日本教育心理学会総会発表論文集 2008年10月
35 全国大会 単著 小学校の総合的学習における学習環境のデザイン(1)デザイン・プロセスの分析 日本教育心理学会総会発表論文集 2007年9月
36 全国大会 単著 学習環境のデザインにおける技術=社会的ネットワーク 日本教育心理学会総会発表論文集 2006年9月
37 全国大会 共著 飲食店の分煙・禁煙実態に関する研究 その2 飲食店の換気実態調査とCFD解析による検討 日本建築学会2005年度大会 学術講演梗概集D-2 環境工学Ⅱ 2005年9月
38 全国大会 単著 自治体の市民電子会議室を形作る社会-技術的ネットワーク 日本社会心理学会 2005年9月
39 全国大会 共著 飲食店の分煙・禁煙実態に関する研究 その1 飲食店に対するアンケート調査とその分析 日本建築学会2005年度大会 学術講演梗概集D-2 環境工学Ⅱ 2005年9月
40 全国大会 単著 情報教育における学習環境のデザイン-実践フィールドへの参加の意義- 日本教育心理学会総会発表論文集 2004年10月
41 全国大会 単著 社会-技術的ネットワークの観点から見た情報システムの開発と運用 日本社会心理学会 2004年7月
42 全国大会 単著 乳幼児を持つ母親の子育て充実感とサポート・ネットワーク 日本教育心理学会総会発表論文集 2003年9月
43 全国大会 単著 地域コミュニティの活性化-地域商店街の情報エコロジー- 日本社会心理学会大会発表論文集 2002年11月
44 全国大会 単著 乳幼児を持つ母親の満足度および子どもへの対応に対するソーシャルサポートの効果 日本教育心理学会 2001年9月
45 全国大会 共著 Webコミュニケーションと対面コミュニケーションの効果-エリア・コマース・ネットワーク実証実験でのバーチャル・モール活性化戦略 日本社会心理学会 2000年11月
46 全国大会 共著 情報処理教育の評価と課題-2年間の追跡調査を踏まえて- 私情協大会 1999年9月
47 全国大会 単著 パネルで見た情報行動とコンピュータ観の変化-大学における情報教育の効果- 社会心理学会 1998年11月
48 全国大会 共著 中国人の意識、その時代変遷と国際比較 日本社会心理学会大会 1998年11月
49 全国大会 共著 情報処理教育の評価とその持続的効果の査定 私情協大会 1998年9月
50 全国大会 共著 Windows-NT4.0を主としたマルチメディア教育研究環境の構築について 平成9年度情報処理教育研究集会 1997年10月
51 全国大会 共著 環境情報学のための情報活用環境の構築 私情協大会 1997年9月
52 全国大会 共著 他者評定を加味したソーシャルスタイル尺度の作成について(3) 日本教育心理学会総会 1997年9月
53 全国大会 共著 他者評定を加味したソーシャルスタイル尺度の作成について(4) 日本教育心理学会総会 1997年9月
54 全国大会 共著 他者評定を加味したソーシャルスタイル尺度の作成について(1) 日本教育心理学会総会 1997年9月
55 全国大会 共著 他者評定を加味したソーシャルスタイル尺度の作成について(2) 日本教育心理学会総会 1997年9月
56 全国大会 共著 環境情報学部における情報処理教育カリキュラムの設計 私情協大会 1997年9月
57 全国大会 共著 情報処理教育がもたらす「情報」イメージと行動の変化 私情協大会 1997年9月

 

研究表彰
No. 単独/連名 タイトル 主催団体名 賞名 受賞年月
1 単独 まちを語る主体を編み上げる:市民デジタルアーカイブ活動の生成,維持,変容の検討 社会情報学会 社会情報学会2018年度 優秀論文賞 2018年9月

 

外部資金導入
No. 分類 種別 担当 資金提供機関名 導入年度
1 科学研究費 基盤研究(c) 責任者 日本学術振興基金 2016年~現在
2 科学研究費 基盤研究(B) 協力者 日本学術振興基金 2013年~2016年
3 科学研究費 基盤研究C 責任者 日本学術振興会 2012年~2014年
4 科学研究費 基盤研究(B) 協力者 日本学術振興基金 2009年~2011年
5 科学研究費 基盤研究C 責任者 日本学術振興会 2006年~2007年
6 受託研究   責任者 横浜市 2000年~2000年
7 受託研究   責任者 横浜市 2000年~2000年
8 その他 生活文化部門 責任者 アサヒビール学術振興財団(当時) 1999年~1999年
9 科学研究費 国際学術研究 協力者 文部科学省 1995年~1997年
10 その他 研究助成 責任者 村田学術振興財団 1990年~1990年