研究者情報データベース

日本語 English

TOP
キーワード検索
所属別検索
研究分野別検索
条件指定検索

東京都市大学
ホームページ

研究者情報

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 社会貢献業績

 

 

氏名 広田 すみれ (ヒロタ スミレ,HIROTA Sumire)

 

著書
No. 執筆種別 単著/共著 著書名 出版社 発行年月
1 著書・編著 単著 5人目の旅人たち -「水曜どうでしょう」と藩士コミュニティの研究- 慶應義塾大学出版会 2019年10月
2 著書・編著 共著 リスク学事典 丸善出版 2019年6月
3 分担執筆 共著 基礎心理学実験法ハンドブック 朝倉書店 2018年6月
4 著書・編著 共著 心理学が描くリスクの世界 第3版 慶應義塾大学出版会 2018年1月
5 翻訳 共著 イアン・ハッキング「確率の出現」 慶應義塾大学出版会 2013年12月
6 著書・編著 単著 読む統計学、使う統計学(第2版) 慶應義塾大学出版会 2013年5月
7 分担執筆 共著 リスクの社会心理学 第2章 リスク認知の各論的特徴 有斐閣 2012年7月
8 分担執筆 共著 リスクの誘惑 慶應義塾大学出版会 2011年9月
9 分担執筆 共著 地震リスク評価とリスクコミュニケーション 日本建築学会 2011年6月
10 分担執筆 共著 小檜山雅之,坂本成弘,藤井聡,斎藤聖子,平田京子,兵頭幸治,角本邦久,諏訪仁,中村孝明,坪田正紀,神田誠一,石田寛,兼森孝,杉本和城 (社)日本建築学会 2011年6月
11 分担執筆 共著 感情と思考の科学辞典 朝倉書店 2010年4月
12 著書・編著 共著 意思決定と経済の心理学 朝倉書店 2009年11月
13 著書・編著 共著 心理学教育再考 川島書店 2007年10月
14 著書・編著 共著 朝倉心理学講座 環境心理学 朝倉書店 2007年4月
15 著書・編著 共著 心理学が描くリスクの世界 -行動的意思決定入門- 改訂版 慶応義塾大学出版会 2006年5月
16 著書・編著 単著 読む統計学、使う統計学 慶応義塾大学出版会 2005年5月
17 著書・編著 共著 心理学が描くリスクの世界 -行動的意思決定入門- 慶応義塾大学出版会 2002年4月
18 分担執筆 共著 戦後史大事典 三省堂 1991年4月

 

学術論文
No. 分類 単著/共著 論文タイトル 雑誌名 発行年月
1 論文 共著 大学生の同性愛者に対する態度への心理的要因の検討 -性役割態度や属性との関連- 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2019年5月 20 なし
2 論文 共著 眼球運動測定を用いた文字表記やレイアウトによるユーザインタフェースの実験的検討 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2019年5月 20 なし
3 論文 単著 ウェブ調査における回答者のニューメラシーと質問の種類による中間回答傾向の違い 哲學(三田哲學會) 2019年3月 142 なし
4 論文 共著 一人称ネットゲームの暴力性がプレイヤーの気分に及ぼす効果の実験的検討. 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2018年5月 19 なし
5 論文 共著 Effect of Radiological Countermeasures on Subjective Well-Being and Radiation Anxiety after the 2011 Disaster: The Fukushima Health Management Survey International journal of environmental research and public health 2018年1月 15 1
6 論文 共著 視線の測定による旅行会社ウェブサイトでの購買意思決定の探索的分析 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナル 2017年3月 18 なし
7 解説・総説 単著 水平メディアから共同体の「場」へ -TV番組「水曜どうでしょう」の視聴者との関係性とメディア利用-. 東京都市大学横浜キャンパス情報メディアジャーナ 2017年3月 18 なし
8 依頼 共著 第29回シンポジウム「社会の中の「地震リスク」:どう解釈し、どう伝え、どう活用すべきか」開催報告 日本リスク研究学会誌 2016年6月 26 3
9 論文 共著 社会心理学のリスク認知モデルを援用した技術説明技法とその適用性 構造工学論文集 2016年3月 62A 1
10 論文 単著 日本の一般市民のニューメラシーや教育水準が意思決定バイアスに与える影響 認知科学 2015年9月 22 3
11 論文 共著 首都圏のテレビ放送局のブランドポジショニング -コレスポンデンス分析による知覚マップの作成-. 東京都市大学メディアジャーナル 2015年5月 16 1
12 論文 単著 事故・災害生起確率の集団・時間表現によるリスク認知の違い 社会心理学研究 2015年1月 1 30(2)
13 論文 単著 書評 基準値のからくり 安全はこうして数字になった 日本リスク研究学会 2014年10月 24 2
14 論文 共著 レストラン口コミサイトにおける評価の数や質と意思決定の関係 東京都市大学メディアジャーナル 2014年5月 15  
15 論文 共著 ペットボトル飲料に対する異なる2つのプライミングの影響の違い 東京都市大学メディアジャーナル 2014年5月 15  
16 論文 共著 放射線量を自分で測定することが不安にどう影響するか 東京都市大学メディアジャーナル 2014年5月 15  
17 解説・総説 単著 執筆ノート「確率の出現(イアン・ハッキング著)」 三田評論 2014年3月 三月号 No.1176
18 論文 単著 不確実性への判断・態度とニューメラシー(2) 日本行動計量学会第54回大会発表論文集 2013年9月 1 1
19 論文 単著 地震の確率予測を人はどう判断しているか?ニューメラシーによる違い 日本心理学会第77回大会発表論文集 2013年9月 1 1
20 論文 単著 年齢層によるニューメラシーの違いと現実課題での判断への影響 -2012年一般標本によるウェブ調査結果からー 統計教育実践研究(統計数理研究所共同研究リポート293) 2013年3月 5 1
21 解説・総説 単著 Problem of risk communication and uncertainty in the Great East Japan Earthquake. Emerging Issues Learned from the 3.11 disaster as Multiple Events of Earthquake,Tsunami and Fukushima Nuclear Accident. 2013年3月 1 1
22 依頼 単著 次の震災が起こる前にすべきことー市民に利益のあるリスクリテラシー教育をー 建築雑誌 2013年2月 128 1641
23 論文 単著 査読システムとジャーナル共同体 日本リスク研究学会誌 2013年1月 1 1
24 論文 共著 色・形の異なるメガネの着用が対人印象に及ぼす効果 情報メディアセンタージャーナル 2012年5月 1 13
25 依頼 単著 東日本大震災におけるリスクコミュニケーションと不確実性を巡る問題. 日本リスク研究学会誌 2012年1月 21 3
26 論文 単著 リスクコミュニケーションにおける確率を用いた不確実性伝達の心理的課題. 心理学評論 2011年12月 54 2
27 論文 共著 字幕による誘導効果. 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2011年6月 12 1
28 論文 共著 政治的意思決定における枠組み効果 東京都市大学環境情報学部情報メディアセンタージャーナル 2010年5月 第11号 1
29 論文 共著 インターネット上での ネットロアの伝達と変容過程 情報メディアセンタージャーナル 2009年4月 10 1
30 依頼 単著 建築安全に含まれるリスク・不確実性についての社会心理学的要因 日本建築学会総合論文誌 2009年1月 Vol.7 1
31 依頼 単著 曖昧性研究からみたリスクコミュニケーション 日本リスク研究学会論文誌 2007年9月 Vol.17 2
32 論文 単著 リスクコミュニケーションにおいて送り手に関する曖昧性が説得効果に与える影響 武蔵工業大学環境情報学部紀要 2006年10月 Vol.8 1
33 論文 単著 リスク表現によるコミュニケーション効果の違い -最近の動向- 日本リスク研究学会論文誌 2005年9月 Vol.16 1
34 解説・総説 共著 Commentary: What are simple heuristics for studying simple heuristics? Behavioural Processes 2005年5月 Vol.69 1
35 論文 単著 環境コミュニケーションにおけるリスク表現の変化:‘90~'99年度環境広告の内容分析 東京女学館大学紀要 2004年3月 Vol.1 1
36 論文 共著 制御幻想とは何か?-実験操作と測定方法の検討- 心理学評論 2003年9月 Vol.45 No.2
37 論文 単著 農村居住高齢者コミュニケーション・ネットワークの分析 社会心理学研究 2003年8月 Vol.19 No.2
38 論文 共著 選択の機会が曖昧性忌避に与える影響:異なる種類の曖昧性での検討. 心理学研究 2002年5月 Vol.73 No.1
39 論文 単著 航空機事故報道における報道内容と表現 -中華航空機墜落事故報道を例として- 東京女学館短期大学紀要 1999年3月 Vol.19 1
40 論文 単著 リスクに対する認知及び意思決定研究とその応用に関わる問題点 東京女学館短期大学紀要 1999年3月 Vol.21 1
41 論文 共著 高齢者の意思決定: 選択からの逃避 心理学評論 1997年5月 Vol.40 No.4
42 論文 単著 リスク・コミュニケーションを巡る社会心理学的研究とその課題 メディア・コミュニケーション(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要) 1997年3月 Vol.49 1
43 論文 共著 沖縄及び首都圏の人々の天皇観・皇室観 地域研究所紀要 1996年4月 Vol.7 1
44 論文 共著 沖縄及び首都圏の人々の天皇観・皇室観(2) 沖縄大学紀要 1996年4月 Vol.13 1
45 論文 共著 事故・災害による人命リスクについての一考察 日本建築学会計画系論文集 1995年7月 Vol.467 1
46 論文 単著 リスク報道の経年変化の分析 慶應義塾大学新聞研究所年報 1995年3月 Vol.45 1
47 論文 共著 沖縄及び首都圏の人々の天皇観・皇室観 -沖縄の人々の世代間の比較を中心に - 沖縄心理学研究 1995年1月 18 1
48 論文 単著 危険度評定の要因分析 -知覚された危険度の影響について- 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 1991年1月 31 1

 

国際会議論文
No. 種別 単著/共著 論文タイトル 会議録名 発行年月
1 一般論文 共著 The research of risk communication using probabilistic seismic hazard maps. IAG-IASPEI(International Association of Geodesy and the international association of seismology and physics of the earth’s interior 2017年8月
2 一般論文 共著 Survey on Distracted Walking in Railway Stations: What Makes People Use Their Mobile Devices in Hazardous Situations? 47th Annual meeting of Environmental Design Research Asoociation 2017年6月
3 一般論文 共著 Measurement of the thresholds of fear using methods of limits and effectiveness of colors in contrast of numbers in communicating probabilistic earthquake forecasting 31th International Congress of Psychology 2016年7月
4 一般論文 単著 Numeracy levels and survey response biases: Low numeracy group responded with fewer categories in the survey. Proceedings of 25th SPUDM(European Association of Decision Making) 2015年8月
5 一般論文 単著 Is the probabilistic earthquake forecast helpful for all Japanese? Relationship between citizens' numeracy and judgments of uncertainty 24th Research conference on Subjective probability, Utility, and Decision making 2013年8月
6 一般論文 単著 Trust and cofidence in probabilistic forecasting that have the same value but calculated on different grounds 30th international conference of psychology 2012年7月
7 一般論文 単著 技術のリスクコミュニケーションにおける不確実性伝達の可能性と問題点の検討. 学術振興会 JCOSSAR 大会発表論文集 2011年9月
8 一般論文 単著 Increased framing effects under disagreeing predictions. 22nd conference of Subjective Probability, Utility and Decision Making. 2009年7月
9 一般論文 共著 Effects of varied risk values in risk messages and the number of sources on receivers' response under ambiguity 29th International conference of psychology 2008年7月
10 一般論文 単著 Effects of death rates of hazards expressed as time scale versus population scale on risk perception. 27th International Congress of Psychology. 2000年7月
11 一般論文 共著 Effects of perceived frequency of death in risk ratings. 25th International Congress of Psychology 1992年7月

 

国内会議論文
No. 種別 単著/共著 論文タイトル 会議録名 発行年月
1 一般論文 共著 鉄道用非常ボタン活用における利用者への影響要因の分析 日本行動計量学会第44回大会発表論文集 2016年9月
2 一般論文 共著 地震長期予測地図のデザイン改善によるリスクコミュニケーション効果の検討 日本社会心理学会第57回大会発表論文集 2016年9月
3 一般論文 共著 地震長期予測地図提示による対処行動の変容への属性要因の影響―一般化線形モデルによる分析- 日本行動計量学会第44回大会発表論文集 2016年9月
4 一般論文 共著 地震動予測地図 低リスク地域住民のリスク認知 2016日本地球惑星科学連合大会 2016年5月
5 一般論文 共著 地震予測での不確実性の認知とコミュニケーション手法の改善. 日本リスク研究学会第28回年次大会論文集, 2015年11月
6 一般論文 共著 地震動予測地図の確率はどう認知されているのか. 日本地震学会2015年度秋季大会講演予稿集 2015年10月
7 一般論文 共著 若手社会人のFacebook利用における写真掲載行動 -自己呈示とセキュリティ感覚-. 日本社会心理学会第43回大会発表論文集 2015年10月
8 招待講演 単著 確率とは何か ~歴史と確率解釈から考えるリスク評価としての確率~ 日本リスク研究学会第28回年次講演論文集(日本リスク研究学会第28回年次大会企画セッション「リスク管理の歴史学」) 2015年10月
9 一般論文 単著 地震 予測 「n年に m% の確率」はどう認知されているか の確率」はどう認知されているか の確率」はどう認知されているか ― 極限法を用いた長期予測に対する怖さの閾値測定 - 日本心理学会第79回発表論文集 2015年9月

 

研究発表
No. 分類 単著/共著 論文タイトル 発表会議名 発表年月
1 シンポジウム 単著 確率を伝える 日本心理学会第79回大会公募シンポジウム「数理心理学の展開XXiV」 2015年9月
2 研究会 共著 Facebook利用におけるプライバシー開示リスクアセスメント -若手社会人のプライバシー設定状況と意識- 信学技法(電子情報通信学会研究会) 2015年5月
3 全国大会 単著 空間放射線量の直接的・間接的測定による不安感・イメージの違い 日本リスク研究学会第27回大会 2014年11月
4 研究会 単著 放射線量の自己測定が不安感や判断に与える影響の探索的検討 平成26年度第1回低線量被曝研究会 2014年10月
5 全国大会 単著 地震の確率的予測公表を人はどう評価しているのかー属性による評価の違いー 日本心理学会第78回大会 2014年9月
6 全国大会 単著 レストランクチコミサイトにおける評価の数・高さと意思決定の関係 日本計量学会第42回大会 2014年9月
7 研究会 単著 確率情報のリスコミの可能性 第21回信頼性設計技術WS&第34回最適設計研究会 2014年9月
8 研究会 単著 放射線量の自己測定が不安感や判断に与える影響の探索的検討 日本社会心理学会第55回大会 2014年7月
9 シンポジウム 単著 食品安全分野におけるレギュラトリーサイエンスの役割と課題 学術会議公開シンポジウム「リスクコミュニケーションから見たレギュラトリーサイエンスと専門人材の育成」 2014年3月
10 シンポジウム 単著 ニューメラシー、個人属性と回答傾向の関係 慶應義塾大学「思考と行動判断」研究拠点「社会的行動判断・意思決定のダイナミズムに関する人文科学、行動科学、神経科学の分野横断的統合研究」プロジェクト 2014年1月
11 研究会 単著 リスクリテラシーとしてのニューメラシーと地震の確率予測及び専門家への責任帰属との関係 日本リスク研究学会第26回大会発表論文集 2013年11月
12 研究会 共著 食品の放射線汚染に関するリスク認知研究 日本リスク研究学会第26回大会発表論文集 2013年11月
13 研究会 単著 福島県産食品のWTPへのリスク認知・属性要因の影響 日本社会心理学会第41回大会発表論文集 2013年11月
14 研究会 単著 不確実性への判断・態度とニューメラシー(2) 日本行動計量学会第54回大会発表論文集 2013年9月
15 シンポジウム 単著 統計学史から心理学研究法を考える 公募シンポジウム 2013年9月
16 研究会 単著 年齢層によるニューメラシーの違いと現実課題での判断への影響ー2012年一般標本によるウェブ調査結果からー 第9回日本統計学会統計教育の方法論ワークショップ 2013年3月
17 研究会 単著 不確実性情報の伝達とニューメラシー~リスクリテラシーとしてのニューメラシー~ 技術説明学研究会 2012年12月
18 研究会 単著 市民のリスクリテラシーとしてのニューメラシー~確率情報や共変性の判断に関する一般標本調査から~ 「リスクリテラシー、科学リテラシーについて考える」日本リスク研究学会第25回年次大会 2012年11月
19 研究会 単著 リスクコミュニケーションにおける確率・共変性の伝達可能性 慶応義塾大学人間科学コロキアム 2012年10月
20 全国大会 単著 ニューメラシーによる意思決定のバイアスの違い -インターネット実験での一般標本による検討 日本心理学会第75回大会 2012年9月
21 研究会 単著 ニューメラシーレベル、情動と意思決定バイアス 日本行動軽量学会第40回大会 2012年9月
22 全国大会 単著 なぜ技術の説明は一般市民にわかりにくいのか-半構造化面接に基づく原子力発電の技術説明の分析- 日本心理学会第74回大会発表論文集 2011年11月
23 全国大会 単著 種類の異なる確率情報への受け手の信頼度評価と望ましさ 日本社会心理学会第51回大会 2011年9月
24 全国大会 単著 リスク情報における不確実性の種類と伝達可能性 日本行動計量学会第39回大会発表論文集 2011年9月
25 シンポジウム 単著 工学はリスクのどこを どのように伝えようとしているのか —建築学会耐震リスコミWGへの参与観察による技術者のリスコミ実践の長所と問題点— 日本環境心理学会第4回大会ワークショップ 2011年3月
26 全国大会 共著 原子力発電所における微量な放射能漏れトラブルに対する人々の反応(4) 知識情報の提供が人々に与える効果 日本原子力学会2010年秋の大会 2010年11月
27 全国大会 共著 原子力発電所における微量な放射能漏れトラブルに対する人々の反応(5) 知識情報の提供や量の表現の効果 日本原子力学会2010年秋の大会 2010年11月
28 全国大会 共著 社会心理学の観点から見た技術説明学の特徴と可能性 社会心理学の観点から見た技術説明学の特徴と可能性」 2010年11月
29 シンポジウム 単著 環境コミュニケーションにおいて数量情報等がもたらす効果 環境科学会大会(シンポジウム招待講演) 2010年9月
30 全国大会 単著 種類の異なる確率情報への受け手の信頼度評価と望ましさ 日本心理学会第73回大会 2010年9月
31 研究会 単著 地球環境問題への心理学的アプローチの役割-リスク研究の観点から- 人間-環境学会研究会 2010年1月
32 シンポジウム 単著 技術説明学についての説明 RCとの違い 平成20年度原子力安全基盤調査研究 原子力安全における技術説明学に関する公開シンポジウム 2009年12月
33 全国大会 単著 疑似科学広告による説得効果への影響要因 - 数量的情報提示の否定的影響 日本社会心理学会第50回大会・日本グループダイナミクス学会第56回合同大会 2009年10月
34 全国大会 単著 複数の情報源から異なるリスク情報が提供される際情報の形式が受け手に与える影響 日本行動計量学会第37回大会 2009年8月
35 シンポジウム 単著 環境心理学者としての佐古順彦先生を偲んで 日本環境心理学会大会 2009年3月
36 全国大会 共著 回答形式の違いがリスクの評価に与える影響 日本社会心理学会第49回大会 2008年11月
37 全国大会 単著 インターネット上でのネットロアの伝達と変容過程- 都市伝説「死ねばよかったのに」のネットでの変容 - 日本心理学会第72回大会 2008年9月
38 全国大会 共著 原子力分野の技術コミュニケーションにおいて考慮すべき要件について 日本原子力学会2008年春の年会 2008年3月
39 全国大会 共著 多数の事象が同時に呈示されたときの割合の判断 日本心理学会第71回大会 2007年9月
40 全国大会 共著 教科教室型校舎における中高一貫校女子生徒の行動と適応過程 日本社会心理学会第48回大会 2007年9月
41 全国大会 共著 中高一貫女子校での新校舎移行調査の自由記述のテキストマイニングによる分析 日本行動計量学会第35回大会 2007年9月
42 全国大会 共著 競合分割効果のBDM法による測定 日本心理学会第71回大会 2007年9月
43 全国大会 共著 曖昧な情報を含んだ系列に対する確率判断 日本心理学会第70回大会 2006年11月
44 全国大会 共著 競合分割効果の発現要因に関する実験的検討 日本心理学会第70回大会 2006年11月
45 全国大会 単著 環境コミュニケーションにおいて情報源の数や対立が説得効果に与える影響の実験的検討 日本社会心理学会第47回大会 2006年9月
46 全国大会 共著 多重コレスポンデンス分析による日本の受刑者の社会観の分析 日本行動計量学会第34回大会 2006年9月
47 全国大会 単著 情報源の対立時にリスク表現と平均確率が説得効果に与える影響 日本社会心理学会第46回大会 2005年9月
48 全国大会 共著 極めて小さい競合者の存在が競合分割パターンの評価に与える影響 日本心理学会第69回大会 2005年9月
49 全国大会 共著 BDMメカニズムによる曖昧性忌避の検証 日本心理学会第69回大会 2005年9月
50 シンポジウム 単著 統計フリーソフト「R言語」を心理学に生かす 日本心理学会シンポジウム 2005年9月
51 全国大会 単著 競合分割パターンが選好に与える影響 日本心理学会第68回大会 2004年9月
52 全国大会 共著 リスク性場面との比較の有無が曖昧性場面への選好に与える影響 日本心理学会第68回大会 2004年9月
53 全国大会 単著 情報源の曖昧性の種類と匿名性による説得効果の違い 日本社会心理学会第45回大会 2004年7月
54 全国大会 共著 選択の自由のタイミングが曖昧性への選好に与える影響 本社会心理学会第45回大会 2004年7月
55 全国大会 共著 曖昧性選好に及ぼす分布の疎密の効果 日本心理学会第67回大会 2003年9月
56 全国大会 単著 情報源の曖昧性による時間経過後の説得効果の違い 日本社会心理学会第44回大会 2003年9月
57 全国大会 共著 提示された確率情報の違いが曖昧性選好に及ぼす効果 日本心理学会第67回大会 2003年9月
58 全国大会 単著 環境広告における表現の数量化3類による分析 日本社会心理学会第43回大会 2002年11月
59 全国大会 共著 曖昧さの2次確率分布の形状と平均値が選好に及ぼす効果 日本心理学会第66回大会 2002年9月
60 全国大会 共著 曖昧さの異なる選択場面への選好における個人差の分析 日本心理学会第66回大会 2002年9月
61 全国大会 単著 環境広告におけるリスク・コミュニケーションの現状 第14回日本リスク研究学会研究発表会発表 2001年11月
62 全国大会 単著 環境コミュニケーションにおけるリスク表現 -1991~2000年環境広告の内容分析- 第42回日本社会心理学会大会 2001年10月
63 全国大会 共著 多次元尺度構成法による曖昧さの異なる選択場面間の選好構造 第65回日本心理学会大会 2001年9月
64 研究会 単著 曖昧性選好の多次元尺度構成法による分析 第9回不確実性研究会 2001年9月
65 全国大会 共著 曖昧さの異なる選択場面間の選好に関する研究 第64回日本心理学会大会 2000年9月
66 全国大会 共著 個人内データによる継時的/共時的選択肢呈示効果の実験的分析(2) 第64回日本心理学会大会 2000年9月
67 全国大会 単著 個人内データによる継時的/共時的選択肢呈示効果の実験的分析 第63回日本心理学会大会 1999年9月
68 全国大会 共著 選択の自由が曖昧性忌避に与える影響 第63回日本心理学会大会 1999年9月
69 全国大会 単著 事故・災害の生起頻度の表現によるリスク認知の違い(2) 第39回日本社会心理学会大会 1998年10月
70 全国大会 単著 報酬の質による選択行動の違いの実験的検討 第62回日本心理学会大会 1998年9月
71 全国大会 共著 期待値の散らばりの違いが選好に及ぼす効果 第62回日本心理学会大会 1998年9月
72 全国大会 単著 事故・災害の生起頻度の表現によるリスク認知の違い 第38回日本社会心理学会大会 1997年10月
73 全国大会 共著 メタ選択と個別選択の独立性の検討 第61回日本心理学会大会 1997年9月
74 全国大会 共著 個体内データの分析による実験場面と質問紙法での選択行動の違いの検討 第61回日本心理学会大会 1997年9月
75 全国大会 共著 生活上の人命リスクとその知覚に関する考察 日本リスク研究学会第9回研究発表会 1996年11月
76 全国大会 共著 不確実状況における複数回選択の効果(3)実験による個体内データの検討 第60回日本心理学会大会 1996年9月
77 全国大会 共著 不確実状況における「メタ」選択 -選択を選択する- 第60回日本心理学会大会 1996年9月
78 全国大会 単著 新聞報道におけるリスク別での表現の違い -自動車事故報道と中華航空機報道の場合- 日本社会心理学会第36回大会 1995年10月
79 全国大会 単著 不確実状況における複数回選択の効果(1)手続との関係 第59回日本心理学会大会 1995年9月
80 全国大会 共著 不確実状況における複数回選択の効果(2)加齢との関係 第59回日本心理学会大会 1995年9月
81 全国大会 単著 応用的観点からの不確実状況における選択行動研究 日本行動分析学会大会シンポジウム『不確実状況における選択行動』 1995年6月
82 全国大会 単著 リスク知覚におけるマスメディアの影響 日本心理学会第58回大会 1994年10月
83 全国大会 単著 リスク報道の経年変化 日本社会心理学会第35回大会 1994年10月
84 全国大会 単著 危険意識に関する分析的研究(II) 日本心理学会第54回大会 1989年9月
85 全国大会 単著 危険意識に関する分析的研究(I) 日本心理学会第53回大会 1989年9月
86 全国大会 共著 アヒルにおける刻印付けの両球間転移 日本動物心理学会第43回大会 1983年7月

 

研究表彰
No. 単独/連名 タイトル 主催団体名 賞名 受賞年月
1 単独 地震の確率予測を人はどう判断しているか?ニューメラシーによる違い 日本心理学会 2013年度日本心理学会大会優秀発表賞 2013年12月
2 単独 平成18年度奨励賞 日本リスク研究学会 平成18年度日本リスク研究学会奨励賞 2006年11月

 

外部資金導入
No. 分類 種別 担当 資金提供機関名 導入年度
1 受託研究   責任者 JR東日本研究開発センター 安全研究所 2015年~2015年
2 科学研究費   協力者 文部科学省 2013年~2015年
3 科学研究費 基盤研究(C) 責任者 文部科学省 2010年~2011年
4 受託研究   協力者 原子力安全基盤機構 2010年~2011年
5 受託研究   協力者 原子力基盤機構 2008年~2009年
6 受託研究   協力者 原子力基盤機構 2007年~2008年
7 その他 原子力安全基盤調査助成研究 協力者 独立行政法人原子力安全基盤機構 2006年~2007年
8 科学研究費 基盤研究(C) 責任者 文部科学省 2005年~2006年
9 受託研究   協力者 ニッポン放送他民間AMラジオ4社 1996年~1996年
10 受託研究   協力者 ニッポン放送他民間AMラジオ5社 1995年~1995年