東京都市大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

東京都市大学
ホームページ

久保 哲也 (クボ テツヤ,KUBO Tetsuya)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物  
No.タイトル担当区分出版社出版年月担当範囲ISBN
1ウェルネス演習 武蔵野女子大学 2002年03月  

 

論文  
No.論文タイトル誌名(出版物名)開始ページ終了ページ出版年月DOI査読の有無
1熱中症対策への取り組み:生体情報のセンシングから 日本AEM学会誌 28 2020年09月  査読無し 
2センサネットワークを活用した見守り・行動支援のための要素技術開発 東京都市大学総合研究所紀要 15 2019年05月  査読無し 
3安心街遊のための多世代共生社会型行動支援システムの研究開発 東京都市大学総合研究所紀要 14 2018年05月  査読無し 
4外国人剣道実践者の剣道に関する意識調査 東京都市大学共通教育部紀要 = Journal of liberal arts and sciences at Tokyo City University 10 21 37 2017年  査読無し 
5暑熱環境における剣道の稽古が血液成分に及ぼす影響 東京都市大学横浜キャンパス紀要 = The journal of Environmental and Information Studies, Tokyo City University 13 18 2017年  査読無し 
6東京都市大学横浜キャンパス新入生の体力・運動能力測定値の推移について 東京都市大学共通教育部紀要 = Journal of liberal arts and sciences at Tokyo City University 43 53 2015年  査読無し 
7運動競技におけるスマートフォンを利用した他者観察と技能評価 情報メディアジャーナル Vol.15 No.1 70 75 2014年04月  査読無し 
8大自然の中での授業「アウトドアスポーツ(スキー・スノーボード)」 東京都市大学横浜キャンパス紀要 Vol.1 No.1 64 69 2014年  査読無し 
9平成25年度東京都市大学横浜キャンパス新入生の 体力・運動能力及び生活習慣に関する基礎的研究 東京都市大学 共通教育部紀要 Vol.7 No.1 31 40 2014年  査読無し 
10平成23年度の環境管理活動の取り組み-活動の特徴と震災後の節電対策- 情報メディアジャーナル Vol.13 No.1 126 129 2012年04月  査読無し 
11暑熱環境における剣道稽古が血液流動性に及ぼす影響 日本運動生理学雑誌 Vol.19 No.1 23 31 2012年01月  査読有り 
12暑熱環境における剣道稽古が血液流動性に及ぼす影響
-血小板凝集能と血液成分について- 
武道学研究 45 30 30 2012年 https://doi.org/10.11214/budo.45.301査読有り 
13血液流動性に及ぼす運動の影響-暑熱下運動が赤血球に及ぼす影響- 体力科学 60 527 534 2011年10月 https://doi.org/10.7600/jspfsm.60.5271査読有り 
14血液流動性に及ぼす運動の影響-暑熱下運動の影響- 体力科学 60 475 482 2011年10月 https://doi.org/10.7600/jspfsm.60.4751査読有り 
15ラットにおける血液流動性と活性酸素動態に対する漢方薬の影響 日本東洋医学会雑誌 Vol.62 No.3 337 346 2011年05月20日 https://doi.org/10.3937/kampomed.62.3371査読有り 
16ラットに対する強度の異なる運動が血液流動性に及ぼす影響 昭和医学会誌 Vol.71 No.2 167 174 2011年04月 https://doi.org/10.14930/jsma.71.1671査読有り 
17剣道における摂水が血液流動性に及ぼす影響:—暑熱下運動での影響— 武道学研究 44 S_59 S_59 2011年 https://doi.org/10.11214/budo.44.S_591査読有り 
18アレルギー性鼻炎モデルラットの鼻洗浄液中SP,CGRP,NGFに対する小青竜湯の効果 薬理と治療 Vol.38 no,10 891 898 2010年  査読有り 
19環境情報学部未成年者の喫煙に関する現状と意識-全面禁煙化にむけて- 武蔵工業大学環境情報学部紀要 Vol.10 No,1 124 132 2009年  査読無し 
20The Porphyria in Japan: The Past, Present, and Future The Society for Porphyrin Research Vol.17 No,3 2009年  査読有り 
21平成19年度環境情報学部新入生の体力測定及び生活習慣の調査結果 武蔵工業大学環境情報学部紀要 Vol.9 No,1 96 102 2008年  査読無し 
22剣道における打突が人体の頭部に及ぼす影響について―ダミーを用いたシミュレーション実験― 武道学研究 37 11 2005年  査読有り 
23Influence of Datotsu in Kendo on the Human Head 武道学研究 Vol.37 No,3 11 2005年  査読有り 
24本学〔武蔵野大学〕登山実習におけるフロー体験 武蔵野大学人間関係学部紀要 24 2004年  査読無し 
25平成15年度本学〔武蔵野女子大学〕新入生における体力・運動能力の実態 武蔵野女子大学短期大学部紀要 25 39 2004年  査読無し 
26本学〔武蔵野大学〕学生の「体育」に対する意識 武蔵野大学文学部紀要 45 57 2004年  査読無し 
27THE INFLUENCE OF THE DATOTSU-MOTION IN KENDO TO THE PLAYER’S HUMAN BODY (HEAD AND NECK) CDROM 2003年  査読有り 
28武蔵野女子大学新入生の体力・運動能力の実態―BMIと体力の関係から― 武蔵野女子大学短期大学部 Vol.4 No,1 17 2003年  査読無し 
29剣道の上達に伴う伸張反射活動の調節能力 武道学研究 Vol.35 No.2 2002年11月  査読有り 
30剣道における足構えに関する研究―中段の構えの両足の前後幅の変化が正面打突動作の下肢の筋放電量と力発揮特性に及ぼす影響― 武道学研究 Vol.33 No,3 12 25 2001年03月  査読有り 
31剣道における正面打撃動作の標準的3次元動作モデルの構築 武道学研究 Vol.33 No,3 39 50 2001年03月  査読有り 
32剣道の中段の構えの前後足幅の変化が正面打突動作における下肢の力発揮特性に及ぼす影響 運動学研究 Vol.16 No,1 59 67 2000年08月  査読有り 
33剣道の中段の構え時の前後幅が下肢の筋放電量と正面打突動作中の踏み込み足の移動に及ぼす影響 大学体育研究 22 33 41 2000年03月  査読有り 
34剣道における視機能について(1)―スポーツビジョン検査を中心として― 武道学研究 32 22 30 2000年  査読有り 
35剣道における視機能について(2):―他のスポーツ競技選手との比較― 武道学研究 33 40 48 2000年  査読有り 
36剣道選手の打突動作の変化に関する研究-鍛錬期が正面打突技術に与える影響について- 運動学研究 Vol.12 No,1 29 37 1996年  査読有り 
37少年剣道に関する意識についての研究―指導者、保護者、児童の意識の相違に着目して― 武道学研究 28 45 45 1995年 https://doi.org/10.11214/budo1968.28.Supplement_451査読有り 

 

MISC  
No.MISCタイトル誌名開始ページ終了ページ出版年月(日)
1剣道を通してハーバード大学と交流 東京都市大学共通教育部紀要 = Journal of liberal arts and sciences at Tokyo City University 121 125 2016年 
2剣道部の軌跡(軌跡?!) 東京都市大学教育年報 Vol.24 No.1 119 122 2014年 
3Action of the ISO activity of 2011 JOURNAL OF INFORMATION STUDIES Vol.13 No.1 126 129 2012年 
4Effects of Shoseiryuto on SP, CGRP and NGF in the Nasal Lavage Fluids in TDI-induced Nasal Allergy Model Rats JAPANESE PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS Vol.38 no,10 891 898 2010年 
5Effect of melanogenesis stimulated by Hyugatouki (Angelica furcijuga) extract in mouse B16 melanoma cell and mouse hair JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES 60 S202 S202 2010年 
6報告 「気・剣・体」の一致を求めてベルギーに集う 筑波大学運動学研究 17 71 79 2001年04月 
7It gathers in search of KI KEN TAI NO ICCHI in Belgium Bulletin of Sport Methodology Vol.17 No.1 71 79 2001年 
8関東学生剣道連盟カナダ訪問親善使節団 体育とスポーツ出版社 2001年 
9<レポート>心洗われたベルギー渡航記 大学体育研究 22 89 95 2000年03月 
10Record of my impressed interchange through KENDO in Belgium Bulletin of Sport and Physical Education Center of University of Tsukuba Vol.22 Vol.1 89 94 2000年 
11可能性線形回帰分析による目標設定を用いた剣道における打突速度向上の推定 日本体育学会大会号 48 415 415 1997年08月29日 

 

講演・口頭発表等  
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日主催者開催地
1健康(ヘルスケアサポート)領域活動報告 東京都市大学 総合研究所 2019年度成果報告会 2020年08月 
2ウェアラブルセンサを用いた正面打突動作の生体・運動情報に関する研究 日本武道学会第52回大会 2019年09月 
3暑熱環境における剣道稽古が血液流動性に及ぼす影響
-血小板凝集能と血液成分について- 
武道学研究 2012年 
4暑熱環境における剣道稽古が血液流動性に及ぼす影響-血小板凝集能と血液成分について- 日本武道学会大45回大会 2012年 
5The influence of exercising in high temperature on erythrocyte for Rat The 89th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2012年 
6The influence of exercising in high temperature on erythrocyte for Rat 第89回日本生理学会大会 2012年 
7Effect of Kendo Practice in High Temperature Environments of Blood Fluidity - Platelet Aggregation and Blood component - Japanese Academy of Budo 2012年 
8Relation of hydration and blood fluidity in rats which exercised compulsorily under high temperature environments 第88回 日本生理学会大会 2011年 
9剣道における摂水が血液流動性に及ぼす影響:—暑熱下運動での影響— 武道学研究 2011年 
10The effects of rehydration on the blood viscosity and blood chemistry of kendo practitioners during periods of training in high temperature environments 第88回 日本生理学会大会 2011年 
11剣道における摂水が血液流動性に及ぼす影響-暑熱下運動の影響- 日本武道学会第44回大会 2011年 
12暑熱環境における剣道稽古が血液流動性に及ぼす影響 第58回昭和医学会 2011年 
13Reducing effect of blood ATP level by electroacupuncture stimulation 第88回 日本生理学会大会 2011年 
14Reducing effect of blood ATP level by electroacupuncture stimulation The 88th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2011年 
15The effects of Rehydration on the Blood Viscosity and of Kendo Practitioners During Periods of Training in High Temperature Environments Japanese Academy of Budo 2011年 
16Relation of hydration and blood fluidity in rats which exercised compulsorily under high temperature environments The 88th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2011年 
17The effects of rehydration on the blood viscosity and blood chemistry of kendo practitioners during periods of training in high temperature environments The 88th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2011年 
18Effect of melanogenesis stimulated by hyugatouki 8Angelica furcijuga) extract in mouse B16 The 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2010年 
19The influence of slsctroacupuncture on reactive oxygen and blood fluidity The 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2010年 
20Effect of melanogenesis stimulated by hyugatouki 8Angelica furcijuga) extract in mouse B16 第87回 日本生理学会 2010年 
21ELIMINATION OF REACTIVE OXYGEN SPECIES BY ELECTROACUPCNCTURE MAY RELIEVE PAIN THROUGH IMPROVEMENT OF BLOOD FLUIDITY International Association for the Study of Pain 2010年 
22The influence of slsctroacupuncture on reactive oxygen and blood fluidity 第87回 日本生理学会 2010年 
23ELIMINATION OF REACTIVE OXYGEN SPECIES BY ELECTROACUPCNCTURE MAY RELIEVE PAIN THROUGH IMPROVEMENT OF BLOOD FLUIDITY International Association for the Study of Pain 2010年 
24本学野外実習(登山)におけるフロー経験についての実証的研究 武蔵野女子学院特別研究 2002年 
25剣道の打突力が生体に及ぼす影響に関する基礎的研究―ダミー人形を用いたシュミレーション実験― 日本武道学会第34回大会 2001年 
26剣道におけるマウスガードの効果に関する研究―打突時の踏切動作に与える影響について 日本武道学会第34回大会 2001年 
27剣道選手における長潜時伸張反射の調節能力 日本武道学会第34回大会 2001年 
28剣道における正面打撃動作の三次元分析:―技能水準の異なる2群問の比較― 武道学研究 2000年 
29剣道競技者における筋横断面積(1):―下腿部について― 武道学研究 2000年 
30剣道競技者の筋横断面積(2)―大腿部について― 武道学研究 2000年 
31中段の構えの前後足幅の変化が正面打突動作における身体の移動に及ぼす影響 日本武道学会第32回大会 1999年 
32中段の構えの前後足幅の変化が正面打突動作における下肢の力発揮特性に及ぼす影響 日本武道学会第31回大会 1998年 
33剣道選手のコンディショニングに関する研究VII―個別検討の試み― 武道学研究 1998年 
34可能性線形回帰分析による目標設定を用いた剣道における打突速度向上の推定 日本体育学会大会号 1997年 
35アキレス腱障害予防方法の一提案 日本武道学会第30回大会 1997年 
36中段の構えの前後足幅の変化が正面打突動作における下肢の筋活動に及ぼす影響について 武道学研究 1997年 
37剣道における視機能について―スポーツビジョン検査を中心として― 武道学研究 1996年 
38少年剣道に関する意識についての研究―指導者,保護者,児童の意識の相違に着目して― 日本武道学会第28回大会 1995年 
39未来都市研究機構「健康領域」の活動状況 第136回総研セミナー   
40センサーネットワークによるドア開閉情報の取得とデータ分析 イノベーションジャパン2017   
41健康不安者の外出行動支援システム構築のための調査 電子情報通信学会ソサイエティ大会   

 

共同研究・競争的資金等の研究課題  
No.提供機関制度名課題名等資金種別研究期間
1日本学術振興会 科学研究費 ウェアラブルセンサを用いた運動時の生体・運動情報に関する研究 競争的資金  2017年04月 - 2020年03月 

 

Works(作品等)  
No.作品名作品分類発表年月発表場所(開催地)
1リーフレット(ハラスメント防止・対策) その他  2017年03月 - 現在 
2環境報告書 2010-2011年度版  2013年 - 現在